4274899_m.jpg
​◆新着情報◆
​What's New
​◆新着情報◆ What's New

◆骨折してしまった時にどこに行けばいいの?応急処置や接骨院での対応について


こんにちは、Re:born鍼灸接骨院です☆





交通事故やスポーツ競技中などで骨折をしてしまった時に接骨院・整骨院か整形外科のどちらに治療に行けばいいか迷う方も多いと思います。

本日はそんな悩みを抱えている方に接骨院と整形外科の違いについてそれぞれの特徴について説明しながらご紹介します。


◆骨折の診断や手術が可能なのが整形外科

整形外科ではレントゲンやMRI、CTなどの検査を基に画像診断を行い、骨折箇所の断定や診断を基に投薬治療や注射、手術、ギプス固定などの治療を行っていきます。


◆骨折の応急処置やリハビリが可能なのが接骨院・整骨院

骨折以外にも捻挫・脱臼・打撲・挫傷といったケガへの施術が可能で「医業類似行為」として保険適応での施術が認められている。

柔道整復師は骨折した状態を元の位置に戻す「整復」という施術とギプスや添え木(シーネ)と呼ばれる固定材料で固定して自然治癒力を利用しながら治療していく事ができます。

また、受傷後の応急処置は可能ですが、その後の継続治療については医師からの同意書が必要となります。

しかし、骨折は安静にしておくことで治癒はしますが、全く動かさず放っておくと完治した後に筋力の衰えによって日常生活やスポーツを再開する際に支障をきたしてしまいます。


◆骨折治療に整形外科と接骨院の掛け持ちは可能?

結論から言うとできません!

理由としては、同じ箇所の損傷について同時期に整形外科の治療と接骨院での施術を並行に受けた場合は原則として接骨院の施術費には健康保険の支給が認められていないためです。

そのため、保険適応でも施術が受けることが出来ません。

また、医療機関で薬を処方されている場合も治療を受けているとみなされて認められません。


◆整形外科・接骨院に受診する前に出来る応急処置

〇まずは骨折しているかの確認

☑少し触れてみて激しい痛みなどがないか?

☑骨が折れたような音がしたか?

☑患部が出血して腫れていないか?

☑患部に触れるとコツコツとした音がしないか?

☑痛みが強くて動かせないほどの痛みがあるか?

上記のチェックが1つでも当てはまれば骨折している可能性が高いです。

また、場合によっては骨が皮膚を突き破って飛び出している「解放骨折」と言われる骨折があり、この場合には早急に救急車を呼んで病院へ行きましょう!


◆応急処置の方法

応急処置には順番があり、以下の順番で行う事が好ましい。

Protect(保護)、Rest(安静)、Icing(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上

)、Stabilization/Support(安定/固定)

頭文字を取って【PRICES処置】といいます。

骨折した箇所が動かないように傘や雑誌、板、枯れ木などで骨折した部分を固定し、包帯などがあれば固定した箇所が動かないように固定する。

タオルやハンカチ、ビニール袋などで縛って固定しても構いません。

また、内出血が大量にしている場合には血流量の減少により心臓のポンプ機能の障害や血管が過度に拡張することによってショックを起こす可能性があるので、万が一ショック症状を引き起こした時には医療機関へ受診を早急に行ってください!




Re:born鍼灸接骨院

082-275-6511




本日は以上になります(*^^)v

最後までお読みいただきありがとうございます。



※ネット予約の空きがない場合でも、お受け付けさせて頂ける場合がございます。ネット予約が埋まっている場合は、一度お電話にてお問い合わせください^^


※当店では感染症対策として定期的な換気・ベッドや備品の消毒を行っております。ご来店の際は手指消毒にご協力をお願い致します。




#広島

#中区

#十日市町

#骨盤矯正

#姿勢矯正

#肩甲骨はがし

#眼精疲労

#ヘッドマッサージ

#整体

#岩盤エクササイズ

#産後ケア

#歪み

#猫背

#姿勢美人

#頭痛

#代謝UP

#体質改善

#産後ケア

#交通事故

#骨折

#脱臼

#打撲

#捻挫

#挫傷

#保険適応

#応急処置

#PRICES処置



0件のコメント
まずは、お気軽にお問い合わせください。お電話をお待ちしております。
◆電話受付時間◆ 9:00~20:00
staff_all_07.jpg